五百万本の彼岸花を見に行こう。巾着田曼珠沙華公園!

彼岸花、巾着田

みなさんどうも。ヒダカです。

埼玉県日高市にある巾着田曼珠沙華公園へと行ってきました。
いまがピークということもあってとてもたくさんの彼岸花が咲いていました。

公式サイトはこちらから。

ここの記事の画像はすべてクリックすると別タブで大きい画像で見れます。

 

彼岸花、曼珠沙華

彼岸花、曼珠沙華説明これ僕も気になってはいたんですが彼岸花も曼珠沙華も呼び方が違うだけで同じ花でいいみたいですね。
このブログでは彼岸花の名称でいきます。

さて、巾着田の彼岸花まつりですが、今がピークということもあって大変混雑しています。なので僕は朝の6時頃に巾着田に着くように車で来ました。

この時間帯でもすでに人がそれなりにいまして、7時頃になると混み合ってきて車だと駐車場は満杯になって他のところにまわされることになるかもしれません。

彼岸花、曼珠沙華

朝の時間帯なら余裕を持って写真を撮れますね。

彼岸花、曼珠沙華

木々の隙間から陽がさして幻想的な光景が見れます。
もうとても綺麗な景色で素晴らしいですよ!

鳥の鳴き声や近くを流れる川の音を聴いて、自然を感じながら公園内をまわることができるのもいいですね。癒やされます。

彼岸花、曼珠沙華

白い彼岸花も数は少ないですがひっそりと咲いています。

彼岸花、曼珠沙華

公園内を歩くと途中川へと行ける道が出てくるのですがそこにも誘導するように彼岸花が咲いております。
この公園内にはどこにでも彼岸花が咲いていますね。さすが五百万本の曼珠沙華群生地。

 

清流高麗川

そしてこちらが高麗川です。

この高麗川が蛇行して巾着のようにこの辺り一帯を囲っていることから巾着田と呼ばれるようになったそうです。
ただあまりにも広いので近くにある日和田山などに登らないとその形を確認することは困難なようですが。

彼岸花、曼珠沙華

これは個人的に気に入ってる一枚ですね。

ぼやけて見えている橋はあいあい橋と呼ばれる橋です。

平成8年3月完成した全長91.2メートルの日本最大級の木造トラス橋で、同年11月には「彩の国さいたま景観賞」を受賞。

公式サイトで調べるまでそれほどすごい橋だとは知りませんでした・・・。
たしかに橋を下から見ると物凄い見事な造りをしてましたね。

 

巾着田出店

 

散策して疲れたなら出店のエリアもあるのでそこで一休みできます。

写真を撮ったときは朝早かったのでまだあまりお店は開いてませんでしたが8時あたりから徐々にお店が開き始めました。

 

彼岸花、曼珠沙華

巾着田民芸品

巾着田ご当地ジンジャエール

彼岸花、曼珠沙華球根

 

彼岸花や、民芸品、ご当地の神社エールなどたくさんのモノが売っています。

神社エールは飲みましたが、普通のジンジャエールよりも味が濃いように感じました。あと炭酸が強かったですね。

 

巾着田、曼珠沙華出店

 

巾着田、曼珠沙華出店アイス

 

日高市のB級グルメ冷やし高麗鍋を食べました。

キムチ、きゅうり、大根、人参、こんにゃく、トマトにお肉、ほかにもお野菜が入っててとにかく具だくさんでした。
キムチが入ってるからなのかピリ辛で美味しかったです。

醤油アイスも食べましたが、醤油風味が濃くて香ばしい味でした。ただちょっと1人で全部食べるのは大変でしたけど。

巾着田、曼珠沙華出店で少し休憩したあとはまた少し散策をして帰ることにしました。

彼岸花の中にはまだ咲いてないのもあるのでこれから訪れる人もまだ遅くはありませんよ。

巾着田、曼珠沙華
巾着田、曼珠沙華

 

公園の敷地に併設されてお馬さんの牧場があるので、彼岸花を堪能したあとに乗馬体験などもできちゃいます。

公園内に水車小屋あるのですが、いいですね。
こういう風景を見ると東京での疲れが癒やされる気がしますね。

 

さいごに

とても綺麗な彼岸花をたくさん見ることができてとても満足ですね。

トイレなどもたくさん仮設されてまして、ポンプ式トイレなので水を流すこともできます。
衛生面が気になる方も大丈夫だと思います。

巾着田に来るときに一番気をつけてほしいのは交通渋滞ですね。
9時頃になると駐車場が満杯で空きがなくなり、空き待ちの渋滞が道路にずらっと並ぶことになります。
何十キロと物凄い渋滞になるので車で来る方は朝早く、7時前辺りには到着できるようにした方がいいかと思います。

彼岸花の綺麗な風景を見にみなさんもぜひ一度は来てみてください!

それではまた!

 

コメントを残す