ソフトボールの簡単なバッティング講座だよ!

ソフトボール、軟式、硬式

みなさんどうも。ヒダカです。

ソフトボールってボールが野球と比べると大きいから打ちやすいんですよ。
ただ気を付けなくてはいけないのは大きいので当てやすいということであって、ヒットが打ちやすいとはまた違うということですね。

とくに野球経験者の方は打ち上げるような打球を打つことが多いかと思います。

それはしっかりとボールの違いを理解してないからなのです。
実際に僕が野球からソフトボールをやるときに気をつけた点をもとに書いていきます。
フォームなどの細かいことは指摘せずに簡単に取り組むことができるバッティング講座です。

ボールとバット

ボールは明らかにソフトボールのが大きいですね。
だから誰が見てもソフトボールのが打ちやすそうと思うでしょう。

実際、当てるだけなら簡単です。
ただバットは野球と比べると細いのが多いです。
これによってボールにしっかりと当てないと中々ヒットは打てないでしょう。

最近のソフトボールのバットは面の部分が太めのが増えてきたので前ほど見た目的には大きな差はなくなっては来てますけどね。

ピッチャーとの距離

野球と比べるとピッチャーとバッターの距離ではソフトボールのが短いです。
短い分だけピッチャーが投げてからキャッチャーに届くまでが早いのでかなりボールが速く感じられます。

バッターとしてはゆったりとした大きいフォームからスイングするような構えでは振り遅れることが多くなります。
構えの初動を早くしてボールを打つ姿勢をなるべく早く作れるようにしましょう。

いつ投げて来てもバットを振れる、ぐらいの余裕で構えが作れるようになるとボールにバットを当てやすくなるでしょう。

当てる場所を意識する

野球だと遠くに飛ばすためにボールの下半分を打つ、または上から下に向けてバットを振ってカット打法のような打ち方をしてバックスピンをかけて飛距離を伸ばすなどがありますが、ソフトボールではこの打ち方は難しいです。
理由としてはピッチャーの投げ方にあります。
下手投げなのでボールは必ず下から上に向かってきます。
これに対してボールの下を打とうとするのは中々難しいですよね。

また、ボールが大きいので下の方に当てるとポップフライ、簡単なフライが上がりやすくなります。
なので打つ場所としては真ん中かやや下ぐらいを狙うのが僕としてはベストだと思います。

スイング軌道

野球ではアッパースイングでもいいのですが、ソフトボールではこのスイングで打つのはかなり難しいです。
ボールが下から向かってくるのに対して下から上に向かって振るスイング軌道ということは当たる部分が点と点しかないですから。
それだけ空振りの可能性が増えるということになりますね。

理想の軌道はレベルスイングかダウンスイングですね。
下から向かってくるのに対して上から振り下ろす形となるダウンスイングのが相性としてはいいでしょう。

でもこれも気をつけてほしいのは極端なダウンスイングだとボールの上すぎて叩きつけるか、下すぎて打ち上げるかの両極端になりますのでややダウンスイングで打つのがいいですね。

力を抜く

どうしても打とうとすると自然とバットを持った手に力が入りがちです。
これではいざバットを振るときにバットの出が悪くなり振り遅れることが多くなります。
バットは振る直前までは軽く握るだけになるように意識し続けましょう。

力いっぱいに振らなくともしっかりと当てれば自然と飛びます。
それがわかるようになれば力を込めることもなくなるでしょう。

さいごに

これによって少しでもバッティングのヒントになることができればと思います。
もちろん、僕の理論よりもこっちのがいいと思うことがあるなら率先して試していくべきです。

何が自分に合ってるかは本人にしかわかりませんので積極的に失敗して身につけていきましょう!

バッティングに悩む人はこちらの記事もどうぞ。
『バッターはとにかく難しく考えずにシンプルにバットを振っていこう』
この記事はタイトル通りに悩みすぎずにシンプルにバットを振っていこうというような内容です。

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから連絡ください!
それではまた!

 

コメントを残す