野球経験者ほど戸惑うソフトボールのランナールールについて

ソフトボールランナー

みなさんどうも。ヒダカです。
ソフトボールのランナー(走者)としてのルールは少し独特なので、野球経験者ほど戸惑ってしまうでしょう。
ランナーとしてのルールは数多くあり、僕自身すべてをわかってるわけではないのでここに記載するのは無理です。
そこで、僕の経験上野球と違って戸惑ったところに重点をしぼって解説しますね。

 

ダブルベース

 

ダブルベース

 

ベースの種類がまず違います。

ソフトボールで使うのはダブルベースといい、白色とオレンジ色の二色のベースがくっついています。白ベースはフェアゾーン(白線の内側)でオレンジベースはファールゾーン(白線の外側)に置かれます。

なお、ダブルベースが置かれてるのは一塁だけで、ニ塁、三塁では使いません。

 

バッターランナー

バッターランナー(打者走者)とは打席に入った打者のことですね。打ったあとに走るからバッターランナーです。

バッターランナーはゴロなどを打って内野に守備機会がある場合は原則オレンジベースを踏まなくては行けません。このとき白ベースを踏むとただの通過とみなされ踏んだことにならないケースがあります。
なので打って走るときはオレンジベースを踏むようにしましょう。

これは守備と走者が接触しないように、危なくないようにこのような措置が捕られています。

このとき外野などに飛んだ場合はどちらを踏んでも大丈夫です。
どちらかというと次の塁を狙うために白ベースを踏んでのオーバーランのがいいと思います。
ソフトボールなどの場合ライトゴロで一塁アウトが起きることがあるので、ライトの正面などに打ったときはオレンジベースの方を踏みましょう。

ファーストがエラーして弾いたボールがファール側に転がった場合ですが、このときは内野のプレーだとしても白ベースオレンジベース両方踏んで大丈夫です。
また、オレンジベースを駆け抜けたあとに送球のエラーなどで二塁を狙えるときはそのまま二塁に走って大丈夫です。

僕のソフトボール経験の中で、たまにオレンジベースを踏んで次の塁を狙うときは白ベースを踏み直せと言ってくる人がいるのですがわざわざ白ベースを踏みに戻るなんて無駄なことをしなくて大丈夫です。
ルール上なんの問題もありません。

 

リード

ここがもっとも野球とは違うところで、ランナーはピッチャーが投げて指からボールが離れるまではリードしてはいけません。
もし投げる前にベースから離れてしまったら離塁アウトとなりますので気をつけるように。
野球経験者などは無意識にリードしがちなのでここは要注意です。

こういうルールなのでもちろん盗塁するのも投げたあとからになります。
野球と違ってベース間の距離が短いからといって簡単には盗塁できないのはこのルールがあるからなんです。

ちなみにですが、離塁アウトというのは守備側のアピールによってなるわけではなく、塁審が見て判断したらその場で離塁アウトとなります。
その離塁アウトが宣告されたときにバッターが打っても無効となり、ランナーがアウトになった状態で再開となります。

 

ピッチャーサークル

 

ピッチャーサークル

 

ソフトボールにはピッチャーマウンドの周りに円を描くように白線が引かれていますがこれをピッチャーサークルといいます。

ピッチャーが投げたあとランナーがリードしますよね。
このあと何事もなくピッチャーにボールが返されたときなのですが、このときにピッチャーがボールを持った状態でピッチャーサークルに入ったのならすぐに自分のベースに戻りましょう。

何かあるかもしれないとスキをうかがっていつまでもベースから離れているとアウトになります。
もちろん、内野外野からの返球などの取り損ないのミスを狙って走ったりするのは大丈夫です。このときにピッチャーがサークルに入っていようとボールをしっかりと持っていないためまだインプレーとなりますので走れます。

基本的にピッチャーがボールをしっかりと捕球してピッチャーサークルに入ったら、次の一球を投げるまではプレーは一旦止まると覚えましょう。

 

さいごに

部活またはアマチュアなどで本格的にプレーするのならもっと奥深くまでルールを覚える必要がありますが、休日にやる程度ならこの辺りのことを覚えておけばまず問題ないと思います。

特にピッチャーが投げるまではリードしてはいけないということは覚えましょう。

あとの細かいプレーはやっていくうちに覚えていくでしょう。

野球と似ているようで地味に細かい点で違うところが多いソフトボールですが、いずれも初心者がやりやすいようにルールができてるように思えます。
野球のようにランナーがいつでもリードできる状態だと守備としては考えることが多くなりますからね。

ルールを守って楽しくソフトボールをやりましょう!

もし、ここが間違ってるなどがありましたらご連絡ください。
すぐに修正しますので。

それではまた!

 

2 Comments

安井 真守

どーも、はじめまして\(´∀` )

ワタクシも一応は野球経験者であり、ソフトボールに於ける「ピッチャーの手からボールが離れるまでは、ランナーは塁を離れてはいけない」というルールは知っていたつもりですが、「それを犯した場合はどうなるのか?」という事までは知りませんでした。

で、質問なんですが、上記の「離塁アウト」という表現は、「主審、もしくは塁審がその状態を認めたら即刻アウト」なのでしょうか?
それとも、野球に於けるバッターのハーフスイングをキャッチャーがアピールする時のように、野手が塁審にアピールするまではスルーされる類いのものなのでしょうか??

返信する
吉野ヒダカ

初めまして!

タッチアップのように離塁が早いかどうかのアピールプレーではなく、リードの場合は審判が気付いた瞬間離塁アウトになります。
そのときに例えバッターが打ったとしても無効になります。
ですが、審判がよく見てない場合はアウトにはなりません。
守備陣がアピールしても意味は無いですが、それでも一応アピールしとけば次からはしっかり確認してくれるでしょう・・・。

休日にやるような地区のソフトボールだと審判は次の試合の選手とかがよくやると思うので見逃されることが多いプレーですね・・・。

返信する

コメントを残す