学生野球を観るたびに野球が好きだと再確認する

みなさんどうもヒダカです。

タイトルのとおりですが、プロ野球ではない学生野球を観るたびに改めて自分は野球が好きなんだなと再確認します。

高校野球の甲子園に限らず、大学野球だって、中学野球だろうと観るたびにそうなります。

学生野球

なんでこうも学生野球は観てる側を熱くさせるんだろうと考えてましたが、ひたむきに野球をやる球児を観るからこちらも熱くなるのかも。

プロだってもちろん真剣にやってるのはわかりますが、学生野球の真剣はまた違う感じがします。
上手く言葉では表せないのですけどね。

1試合の重み

プロ野球と学生野球の違いを考えたときに真っ先に浮かぶのは1試合の重みかなと思います。

プロ野球は1試合負けて終わりではありません。
年間で日本シリーズなどを含めずペナント戦だけだと143試合を戦いますので、まだまだ挽回のチャンスはあります。

しかし高校野球の公式戦は1試合負けたらその場で敗退が決まります。
これが夏の甲子園をかけた試合で負けたとなるとその瞬間に3年生の引退が決まります。
この1試合の重さが高校野球の面白さですね。

まぁ、大学野球になるとリーグ戦になるので1試合負けたら終わりではないのですけどね。

野球は面白い

結論としてはなんだろうと野球は面白いってことですね。
僕も休日に草野球かソフトボールをしてますけど、学生が野球をやってるのを観ると僕も早く休日にやりたいなといつも思います。

子どものころからずっと野球を続けられてきたのも単純に好きだからなんですよ。

そしてその野球が好きだってことを野球を観ることで僕は再確認をしてるってことですね。

さいごに

僕は広く浅くという感じでいろいろと多趣味なんですがここまでどっぷりと深く続けられてるのは野球だけですね。
ほんとに野球に出会えてよかったなと思います。

それではまた!

コメントを残す