高校野球のピッチャーには球数制限などの対策が必要だと思う。

野球、ピッチャー

みなさんどうも。ヒダカです。

高校野球の予選は見なくても甲子園は見るという人はいると思います。

甲子園は毎年多くのドラマが生まれますので見てて大変おもしろいです。
ですが、その影で毎年のように問題になることがあります。
それはピッチャーのボールの投げすぎ問題です。
予選から甲子園までエースがほとんど1人で投げて勝ってきたチームなども毎年何校か出てきます。
ではこの問題に球数制限をつけるとどうなるのでしょうか。

球数を多く投げさせてエースを降板させる作戦が主流となってしまうかもしれません。
甲子園の見応えのひとつでもあるエース対決などがなくなってしまうかもしれません。
ですが、彼らの将来のためにもなんらかの対策が必要なことは間違いありません。。

球数制限

メジャーリーグだと先発の球数はだいたい100球で交代としています。
これは中4日でローテーションして投げていくことが多いための制限です。

プロ野球でも近年ではピッチャーの分業化が進んできていて、メジャーと同じく100球を越えてくると交代するようになってきています。

では高校野球でも100球制限にするとどうなるでしょうか。
おそらく私立の高校しか勝てないようになるのではないでしょうか。

というのも私立の強豪校といわれてる高校は全国各地から選手が集めています。
いわゆる越境入学というやつですがこれによって選手層は厚く質も高いです。
一方、公立校ですが私立のように大々的に選手を集めることはできません。
なのでピッチャーを球数で制限されると控え選手の層の薄さが目立つようになるかもしれませんね。

このことからも球数制限を受けると困るのは公立校でしょう。

投げさせる作戦

球数制限というのが出てくると一番問題となるのがカット打法ではないでしょうか。
何年か前の甲子園でカット打法で有名になった選手がいましたが、あれを全選手が作戦としてやってくる可能性だってあります。

相手がどんなにすごいピッチャーであろうと100球投げたら交代しなくてはいけないルールなら無理に1,2球目に打つ必要はなくなりますからね。
仮にカット打法はフェアプレーの精神で禁止とされたとしても必ずツーストライクに追い込まれるまで待つとかの作戦ができますからね。

控えにもエース級のピッチャーがいるならいいですけど、どこの高校も二人もピッチャーが揃ってるところなんてまれですからね。
なかなかバッターが打たないつまらない試合となることが増えるかもしれませんね。

試合間隔をあける

次の試合までの間隔をあける。
これが現状いますぐにでもできる対策かと思います。

高校野球の試合は予選も甲子園もですが、勝ち上がっていくほど日程が詰まっていきます。
それは試合する高校数が減っていくからなのですが、とくに準決勝までくるとその次の日に決勝と続けてくることが多いです。

試合間隔が短いとそれだけ選手の負担も増えます。
これを少しでも間をあけて試合ができるようにすればそれだけでも大分負担が減っていくと思います。

将来性

なぜピッチャーに球数制限が必要なのかというと高校野球がすべてではないからです。
もちろん高校野球で野球人生をやめていく選手も多くいますが、プロ野球の世界に足を踏み入れる選手もいます。

しかし、プロ野球に入ると1年目で肩を壊したという高校出のピッチャーが多くいるように思えます。
これは個人のピッチングフォームの問題などもあるかもしれませんが、高校野球での投げすぎの可能性もあるんですよね。
高校生というまだこれからという成長期に過度にボールを投げ続けたせいもあるのではないかなと思います。

彼らのこれからもまだずっと長く野球を続けていくためにも高校野球になんらかの制限が必要でしょう。
もしかすると日本のプロ野球を背負っていくかもしれないピッチャーが、ボールの投げすぎて肩を壊したことによって野球そのものを断念するかもしれないのですから。

さいごに

野球では肩は消耗品だとよく聞きますが僕もそう思います。
ですがなかにはひたすら投げてしっかりと肩を作らないせいだ、という方もいますがこれはいまの時代にはあってないと思います。

甲子園でのエースの投げ合いの見応えも大事ですがそれによって彼らの野球人生が終わってしまうほうが問題です。
なので球数制限または試合間隔をあけるなどの対策がこれからは必要になってくると思います。
わかりやすいように高校野球としましたが中学や大学などの学生野球もしっかりとした対策が必要でしょう。

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから気楽にご連絡ください!
それではまた!

コメントを残す