[WBC]侍ジャパン敗戦も世界トップレベルの実力を示したことは間違いない。

WBC

みなさんどうも。ヒダカです。

WBCの決勝はアメリカ対プエルトリコで行われました。
8-0という大差で4度目にして念願だった初優勝をアメリカが決めました。

この決勝は終始アメリカがリードし続ける展開となりそのまま勝ちました。
この試合結果を観てほとんどの方が思ったのではないでしょうか。

準決勝の日本対アメリカが事実上の決勝だったなと。

WBC

日本対アメリカは1-2という僅差で惜しくも負けてしまいました。
たらればの話になってしまいますが、日本に菊池、松田と2回も起きてしまった守備のミスがなければ勝ってたかもしれませんね。

ただ、小久保監督も言ってましたが選手たちを責めることなんて絶対にできないですけどね。
ここまでチームを引っ張ってくれた両選手だっただけに。

エラーはつきもの

野球にエラーはつきものです。エラーをしない選手など存在しません。

守備ではいかにエラーをしないように100%の守備に持ってこれるかが大事です。

どんなに守備の名手と言われようとエラーをするときはしてしまうものなのです。
それは菊池だって例外ではありません。

ただ、そのほんとにたまにしかないエラーを菊池が重要な試合で出してしまったということなんですよね。

慣れてないドジャー・スタジアムでしかも雨天の中での試合ですから仕方がないことでもありました。
そして、重要な一戦だったということもあって相当大きなプレッシャーの中での試合ということも影響してたでしょうね。

結束力の侍ジャパン

今回、招集された選手を見て僕はいままでの侍ジャパンとくらべて小粒だなと思いました。
コーチや監督などの経験がない小久保監督ということもあって良くて2次ラウンドまでかなと思ってましたね。

それが大会が始まると徐々にみんながチームとしてまとまっていってみるみるうちに全体としてのレベルがかなり上がっていったのを感じました。
とくに緊迫した接戦となったオランダ戦に勝ったときはこの侍ジャパンは最高のチームだなと思うようにまでなりました。

いままでのように個の能力が高い選手がずらっと並ぶ侍ジャパンではないですが、スモール・ベースボールというまさに日本の野球を体現したチームでしたね。

多くの選手に良い経験となった

この大会を通じて出場した選手は良い経験になったと思います。
ここで得た経験は何倍もの収穫となって彼らがさらに成長するのに一役買うことでしょう。

アメリカ戦では無安打で終わった筒香と中田だってこの悔しさをバネに一回りも二回りも大きく成長するでしょうし、彼らはまだ若いので次のWBCでは大活躍して日本を引っ張る原動力にだってなるかもしれません。

今回の大会で一番成長したなと思う選手はキャッチャーの小林ですね。
バントができない、ピッチャーのリードが上手くできないなどすべてに不安しかなかった選手でしたが、見事に急成長を遂げ最後には日本代表に素晴らしいキャッチャーにまで発展してましたね。
大会前とは雲泥の差ですよ。

もしかしたらベストナインに選ばれるのではと思いましたがさすがにそこは無理でしたね。

さいごに

いままではアメリカに劣るとされてきた日本の野球ですが、今回のWBCで拮抗した実力をアメリカに見せつけることができたことは間違いないです。
もうほとんど差がないところまで来てると思います。

いつまでもアメリカが野球の頂点ではないぞと。
あとは第5回WBCでアメリカから優勝旗を日本が奪い取るだけですね。

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから気楽にご連絡ください!
それではまた!

コメントを残す