阪神ドラフト1位、大山悠輔は間違いなく素晴らしい強打の三塁手

阪神、ドラフト

みなさんどうも。ヒダカです。

今年のドラフトである意味で一番賑わせたのは阪神でしょう。

 

阪神ドラフト

事前情報などでは大学の目玉ピッチャーである佐々木千隼選手を狙うと思われていましたが実際は大山悠輔選手を1位で単独指名しました。

実はこのときほかの球団はもう一人の大学の目玉ピッチャーである田中正義選手を指名、または注目されていた高校生のエースなどを指名しており、佐々木選手はまさかの一巡目の指名はなしでした。

このあとに田中選手を獲得できなかった球団による外れ1位指名により佐々木選手はロッテの入団を決めましたが、もし最初から阪神が佐々木選手を指名してたら一本釣りできたのにもったいないという評価が多いですね。

ドラフトのレビューなどを見てると阪神の指名した選手を見てドラフトの意図がまったくわからないというのがありましたが果たしてそうでしょうか?
僕には今年もっとも悩みどころであったと思われる内野手を大山選手の指名によって強化できたと思います。

 

大山悠輔

181センチの84kgの右投げ右打ち。
白鴎大学で1年春からスタメンを獲得した強打が魅力の大型サードです。

4年生春のリーグでは8本もホームランを打ち、関甲新リーグでの新記録を出しての最多本塁打を獲得しています。
大学日本代表で4番も務めました。

これだけの記録を見ると十分1位指名で文句なしの選手だと思います。

 

バッティング

ゆったりとした大きい構えのフォームですね。
スイングのスピードが速く、打ったボールの勢いが強くて打球の伸びがいいですね。

最近プロ野球で話題になる選手は何かと左打ちの選手が多く右打ちの選手が不足しています。
特に右の大砲と呼べる選手が少ないんですよね。
そのプロ野球界で大山選手は右の長距離砲として活躍できる力は十分に感じられました。

 

守備力

動画では守備をしているものが見つからなかったので直接ここがいいとは言えませんが、大学で3回サードでベストナインを獲得しています。

ゴールデングローブ賞というわけではないので守備が上手くないと獲得できないタイトルではありませんが、打撃がいいだけでは取れないタイトルでもあります。
このタイトルを3回も獲得してるとなると守備も期待できる選手でしょう。

大山選手は高校ではショートを守っていて、内野ならどこでもこなせるようです。
今年の阪神はファーストを除いて、セカンド、サード、ショートの内野を安定してこなした選手がいなく、何人かの選手が守るという形で固定選手がいませんでした。
固定選手がいないということはそこに割って入るチャンスが大山選手にはありますね。

大学で見せた右の大砲としての実力を十分に発揮できれば開幕サードもあり得るのでないでしょうか。

 

さいごに

今年特別に騒がれた選手でもなかったので指名された瞬間ほとんどの方が誰だと思ったのではないでしょうか。正直僕は思いました。
そこで大山選手について調べたのですが、凄くいい選手だと思いましたしドラフト1位でも納得の選手です。

阪神が1位に大山選手を指名したことについてはいろいろと言われてますが、今の阪神には一番必要な補強選手だったと思います。
いずれにしろこの指名が成功だったのかどうかは今後の大山選手に懸かっています。

僕としては素晴らしい選手を獲得したなと思うことができるぐらいの活躍が見れることを期待して来シーズンを待ちます。

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから気楽にご連絡ください!
それではまた!

 

コメントを残す