巨人1年越しの再指名、育成ドラフト8位松澤裕介

育成ドラフト

みなさんどうも。ヒダカです。

今回のドラフトの最後にサプライズ指名がありましたね。
ドラフトで全体の最後に巨人から育成枠で指名された松澤裕介のことです。

ドラフトの育成枠というのは簡単に言うと将来性を期待した選手を育成選手として獲得しておくことです。
まだ正式なジャイアンツの支配下選手となったわけではありませんがここから結果を残すと支配下登録されます。
巨人では中継ぎで馬車馬のごとく大活躍した山口鉄也選手が育成選手から支配下登録となった選手では一番有名ですね。

 

松澤裕介

現在、プロ野球独立リーグ・四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズに所属している左投げ左打ちの外野手です。
181センチの85kgと恵まれた体格にフルスイングと強肩が魅力の選手です。

この選手は実は2015年のドラフトでも巨人に育成枠3位で指名されてるんですよね。
ただこの指名のあとすぐに左手手指関節靭帯損傷をしたため入団辞退するというとても不運な選手でした。

2015年は68試合の出場で打率.275、10本塁打、43打点の成績で打点王のタイトルを獲得するなど素晴らしい成績でした。
2016年はケガの影響などもあったのか65試合の出場で打率.253、2本塁打、打点17と落ち込みました。
それでも2015年に続き育成枠で松澤選手を巨人が指名したことには粋を感じましたね。

 

まずは代打枠として期待

YouTubeに挙げられている動画で何本かバッティングを見ましたがしっかりバットを振ってるのがいいですね。
バッターボックスの後ろに立ってるのですが、踏み込むと右足がライン際まできてるんですよね。
かなりスタンスの広いフォームなのですがあれだけ広いスタンスでよく腰が回るなと思いますよ。

松澤選手の魅力は本人も言ってるようにフルスイングによる思い切りの良いバッティングですね。
結果を恐れて中途半端なスイングになってしまうとそれだけ平凡な当たりが増えてしまうのですが、彼にはそういうのがなく振るときはフルスイングでしたね。
空振りするときもフルスイングなのがいい!

これだけビュンビュン振られるとピッチャーも怖いはずですよ。
当たったら確実に飛びますからね。失投しないように神経を使いますよ。

大学では代打の切り札として起用されていたようですが、巨人でも左打ちの代打の切り札を目指して頑張ってほしいです。
とにかくジャイアンツは代打の層が薄いのでチャンスはかなりあると思います。

 

元気がいい

松澤選手はとにかく元気がいいですね。
香川オリーブガイナーズでインタビューを受けてる動画があったのですがその中で彼はこう言ってます。

選手として出してもらっている以上ハツラツと元気よくいきたい。

この言葉通り彼のがむしゃらにプレーする姿は見ていて気持ちいいです。
巨人の選手は試合を見てると少し淡々とプレーしているように見えるときがあるので、こういう気持ちを全面に押し出していく選手がいてもいいと思うんですよね。

 

さいごに

動画を何本か探して見たのですが松澤選手の守備については確認できなかったのが少し残念です。
ただ、バッティングには確かに光るものを感じました。

前年に続き今年も育成枠として指名された松澤選手。
この二度目のチャンスをぜひモノにしてほしいですね。

育成枠の選手となると普通にドラフトで選ばれる選手よりも確実にアピールする機会は少なくなると思うのですが、持ち前のハツラツとしたプレーとフルスイングを武器に1軍への道をこじ開けていってほしいです。

来年いきなり1軍は難しいかもしれませんがまずは支配下選手となって、2軍の試合で大暴れすることを期待してます。

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから気楽にご連絡ください!
それではまた!

 

 

コメントを残す