神の足を持つ走塁のスペシャリスト鈴木尚広が引退。

神の足

みなさんどうも。ヒダカです。

本日2016年10月13日、ジャイアンツファンとして残念なニュースが入りました。

神の足を持つとされる走塁のスペシャリスト鈴木尚広が引退を決めました。

大事な場面で必ず盗塁を成功させてきた鈴木が引退するのは非常に残念です。

テレビなどの引退会見を見て思ったことを書いていきます。

 

鈴木尚広

ジャイアンツの最終兵器と言っても過言ではないでしょう!
ここぞという場面で代走として出場し警戒される中で幾度も盗塁を成功させてきた走塁のスペシャリストです!

今季もシーズン中に10回盗塁し10回とも成功させております。
鈴木選手の大胆なリードに投手もバッターに集中するのが中々難しかったのではないかと思います。
出てきたら相手投手にも相手球団のファンにも嫌がられるほどの存在感を持っていたでしょう!

バッターとしてもレギュラーとして出続けて外野手としてゴールデングラブ賞を一度獲得していますが、近年の活躍を見ると走塁の人としての印象が強いですね。

 

引退を表明

あまりにも突然過ぎて驚きましたね。
最初は横浜都のCSの最後に見せた牽制アウトが引退の決め手なのかなと思ってましたが、彼の引退会見を見るとそういうわけでもないみたいでして。

僕の仕事は一発勝負。心技体のどれか一つが欠けてしまえば、勝負はできない。

ということを言っておりましてこの言葉からするとやはり鈴木も走塁のスペシャリストとして誇りを持ってやってたんだなとしみじみ思いました。

すっきりの一言に尽きる。もう悔いはない

と清々しい笑顔で言ってたのも印象に残ってます。

歴代ジャイアンツの走塁のスペシャリストといえば鈴木選手で間違いないでしょう!

 

代走問題

さて、鈴木が引退したことによってまた来季の問題がひとつ増えました。
それは代走がいなくなったことです。

足の速い選手がいないと試合の後半の大事な場面で代走を送るということができないため、塁に出ている選手が足が遅くともそのまま使わなければいけなくなります。
その結果足が速ければヒット一本でホームに帰れたのに足が遅かったので帰れなかったということが起きてしまいますね。

いま僕がパッと思いつく中で代走ができそうな選手は、松本哲也、藤村大介、重信慎之介、橋本到辺りでしょうか。
橋本選手は外野争いとしてレギュラー陣に食い込む程の活躍をしているので、ほかの三人になるでしょうか。
この中では一度ブレークした松本哲也にぜひとも代走からもう一度復活して活躍していってほしいです!

必ず来年も代走枠を作ると思うので鈴木選手が抜けた穴を誰が埋めるのかに期待してみたいですね。
いま自分が挙げた中の誰かがその枠を掴み取るのか、思わぬ伏兵が出てくるのか楽しみです。

・・・そういえばFAで獲得した片岡治大選手もいましたね。
彼は今年はケガで残念な結果で終わってしまいましたが西武時代の走塁が戻ってくれば、代走としてもセカンドとしても期待できる選手なので頑張って欲しいですね。

 

さいごに

好きな球団に関係なくプロ野球を賑わせてきた選手が引退していくのは悲しいですね。
ただ、また次のスター選手が現れる転換期でもあると思いたい!
鈴木選手を越す次なる神の足を持つ走塁のスペシャリストが出てきてくれることを期待します!

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから連絡ください!
それではまた!

※追記
鈴木尚広の後釜として期待した松本哲也ですが、2017年に現役引退を決めました。
とても早すぎる引退でした。

松本 哲也
巨人、育成の星として活躍した松本哲也が現役を引退。

 

コメントを残す