巨人は未来を背負う二塁手育成のために吉川尚輝を徹底して使うべき

吉川尚輝

みなさんどうも。ヒダカです。

今年も相変わらずというべきか巨人のセカンド(二塁手)が大穴となっています。
中井大介選手がセカンドとして一番多く出場してますが、守備に粗が多すぎて安心して見てられないのが現状です。
いくら彼のバッティングは魅力的なところがあったとしても正セカンドとして使い続けるのはどうなのかといったところ。

ここはやはり2016年のドラフト1位で獲得した吉川尚輝選手を腰を据えてじっくりとセカンドで起用し続けるべきです。

吉川尚輝

大学時代はショート(遊撃手)を守り俊足巧打で活躍し大学ベストナインに選ばれるほどの活躍をしてます。
また、第40回日米大学野球選手権大会の日本代表にも選出され、ここではセカンドを守っています。

今年の始めこそコンディション不調により3軍スタートでしたが、2軍に昇格し現在は1軍へと合流をしています。
いまは1軍の空気に慣れさせるなどの理由からベンチを温めてるだけですが、そんなことはいいから彼を先発セカンドとして使ってほしいですね。

センターラインの強化

正直、セカンド中井とシュート坂本勇人選手の二遊間コンビでは坂本の負担が大きすぎます。
中井の守備は簡単なゴロででさえ怪しいところもありますしね。
あの守備ではピッチャーはどんな打球でもセカンドには打たせたくないでしょうね。

ここは先を見据えて吉川の出番です。
井端コーチによると彼の守備は横の打球に反応するスピードには目を見張るものがあると言ってることから守備範囲は広そうですね。
ただ、正面のゴロに苦戦してるところもあるようですが。

バッティングに課題か

彼を起用していくとなると壁となるのはバッティングでしょうね。
まだプロのボールに対応できてないようで、2軍では打率が1割台と決していい数字を残せてません。

彼のことを非力として見てる首脳陣もいるようですが、1、2番辺りの打順でリードオフマンとして大抜擢するのもひとつの手だと思います。
結局のところ慣れさせるしか手はありませんしそれには場数を踏ませるしかないです。
無理矢理にでも多くの打席に立たせて多くの経験をさせたほうが成長も早いでしょうしね。

彼にこだわる理由

僕は彼がドラフト1位で獲得された頃からずっと彼をセカンドで起用すべきだという記事を書いてきました。
それは彼には長年埋まらないスタメンとなってるセカンドとして期待してるからです。
元巨人で活躍した仁志敏久氏以降の巨人は数年安定して活躍したセカンドはいません。

そろそろ巨人は本腰を入れて次世代を育成するべきなのです。
中井をどうにか育てようと頑張っているようですが、彼はバントなどの細かいところが苦手なようですしセカンドの守備も不安定です。

吉川は今年はあまり活躍できないかもしれませんが2,3年はじっくりと使ってみてほしいですね。
いまや日本代表のショートとなっている坂本だってもろもろの事情があって、急遽ショートとし使わざるをえなくてその結果大成長を遂げたわけですから。
坂本が新人で起用されてたころはここまでの選手になるとは誰も予想すらできなかったでしょうね。

吉川を使い続ければ彼は必ずセカンドベースマンとして数年後は活躍していると僕は確信してます。

さいごに

巨人でセカンド問題が起きてからもう何年になるんでしょうかね。
ここまでずっと定着する若手の選手が出てこないところに巨人の育成下手を感じてしまいますね。

いなければ外から取ってくるということを続けてきた代償ですね。下がまったく育ってません。

せっかくドラフト1位で未来を期待させる吉川を獲得できたのですから積極的に使ってほしいところ。
彼が成長してくるのを待つのではなく、実践でビシバシと使って鍛えていけば自ずと答えてくれるでしょう。

吉川尚輝が巨人のセカンドを背負って大活躍する日を夢見て今回は終わりにします。

吉川尚輝選手をドラフトで獲得したときにこんな記事も書いてます。
『巨人、ドラフト1位吉川尚輝を獲得。坂本との二遊間コンビなるか!?』
『巨人ドラフト1位の吉川尚輝に期待したいセカンド定着への道』

コメント、問い合わせ、Twitterなどから気軽に連絡ください!
それではまた!

コメントを残す