巨人、村田修一が自由契約。来期は活躍の場を求めて新天地へ。

みなさんどうも。ヒダカです。

プロ野球の巨人に所属している村田修一がまさかの自由契約となりました。
巨人はチームの若返りのためとしてるようですね。

この自由契約は村田のこれからのことを考えると丁度いい転機となるのではないかなと僕は考えています。

村田修一

村田が来る前の2011年の巨人は小笠原道大がファーストにコンバートした影響もあって、多くの選手がサードを守りましたが結局どの選手も期待に応えることなく終わってしまいました。

その2011年のオフにFAで村田が巨人に移籍し、2012年から見事サードの穴を埋めてくれたんですよね。

バッティングの面でも多大なる功績を残してくれましたし、FAで村田を獲得したのは巨人にとって大成功といえるでしょう。

2017年にマギーを獲得してから、村田とマギーのサードの併用となり村田の出場機会が減ってしまいました。

今年のマギーはバッティングはとても調子がよかったこともあって、村田がベンチの控えとなることが多かったんですよね。

シーズン後半こそマギーがセカンドで出場することが増えたので村田がサードとして出るようになりましたが、村田としては不満がたまったシーズンだったことは違いないでしょうね。

今年のオフに村田を自由契約にした巨人には驚きですが、来期のことを考えると村田にとっても丁度よかったのかなと思います。
というのも、来年もマギーは巨人に残りそうですからね。

それに巨人はチームの若返りを狙ってるようですから、来年のセカンドは若手を多く使ってサードはマギーとなりそうです。
そうなるとまた村田の出場機会が減るでしょうから、自身の活躍の場を求めて新天地を目指すのは有りですよね。

自由契約のメリット

自由契約というとネガティブな要素しか感じませんが、これによって村田が他球団に行きやすくなったのも事実なんですよ。
というのも、巨人所属のままでFA宣言をした場合は他球団が村田を獲得するためには人的補償などが発生してましたからね。

年棒も決して安くない選手ですし、獲得する場合はもしかしたら自球団の有望の若手を手放す可能性もあっては獲得を見送る球団も出てきたでしょうからね。

その点、自由契約となったいまでは補償のことは一切考えなくてよくなったので、サードの穴を埋めるため、もしくは右の強打者として村田獲得に乗り出す球団が多く出てくると思います。

年棒としては下がってしまうのかなと思いますが、出場機会が増える可能性は大いにあるので決して村田にとっても悪くない結果になると思います。

さいごに

最初に村田を自由契約にするというニュースを見たときはとても驚きましたが、彼が他球団で活躍する場が増えるのならこれでよかったのかなと思います。

現在、1865本の安打を打っている村田ですが、新天地でぜひ2000本安打の大記録を達成してほしいですね。

それではまた!

コメントを残す