巨人の新守護神として外国人助っ人カミネロに期待したい!

新守護神カミネロ

みなさんどうも。ヒダカです。

巨人が助っ人として獲得したアルキメデス・カミネロ投手が紅白戦でさっそく力を見せつけてくれたようですね!

『【巨人】新外国人カミネロ154キロ!阿部、手出せず…他球団スコアラーも驚嘆-スポーツ報知-』

カミネロ選手はバリバリのメジャーリーガーですからね。
ピッチャーとしての力はかなり持っています。

今年は彼にクローザーとして頑張ってもらいたい。

アルキメデス・カミネロ

最速164キロの球速を武器に、コンスタントに平均158キロ前後の速球を投げ込むパワーピッチャー。
変化球は主にスライダーとスプリット。

メジャーでは中継ぎとしてよく登板しており先発経験はない。

彼のストレートは見ればわかるんですがまさに伸び上がってくるようなストレートなんですね。
多くのバッターが彼のストレートを空振りするときはボールの下を振ってます。

このことからも彼のストレートの勢いが感じられますね。

メジャーでも屈指のボールを投げるカミネロ選手がよく日本に来てくれたなというのが正直なところです。

不安定なピッチャー

カミネロ選手は投げるボールはすごいのですがノーコンとして有名なピッチャーでもありました。

ストライクに入ればなかなか打たれないけど、入らなくて荒れることも多く不安定なピッチャーなんですね。
ここがいまいちメジャーでも活躍することができなかった原因です。

ですが、巨人の紅白戦は1回のみの登板とはいえまさかの無四球!
しかも最速154キロまで出してます。

本来の最速164キロには程遠く感じてしまうかもしれませんが、冬の2月というこの時期に投げるボールとしては破格の速さです。

このままの状態でいってくれるなら安定した活躍が望めそうです。

日本のマウンドとボール

日本とメジャーの違いですが、日本のマウンドは柔らかくメジャーは固い。
日本のボールは指に引っ掛かりやすくメジャーのは滑りやすいとされています。

この違いに対応できなくて日本人ピッチャーはよくメジャーに挑戦してケガをするみたいですね。

カミネロ選手も少しマウンドの柔らかさに苦戦はしているようですがメジャーよりも合ってるのかもしれませんね。

それに指に引っかかりやすいボールなのでコントロールしやすいのかもしれません。

本人も日本のマウンドなどに馴染もうと努力しているようなのでこれからさらに伸びてくるでしょう。

クローザー

クローザーの一番候補としてカミネロ選手に期待したい。

やはり164キロに加えて球威も重いストレートをガンガン投げれるのは魅力的です。
変化球もキレがよくてよく空振りも取れるようなので守護神として申し分のないピッチャーですね。

荒れ球気質ではありますけど適度に散ってくれたほうがバッターも的を絞れずに打ちにくいからですね。

彼がクローザーとして安定してくれれば巨人としては抑えの不安の種が消えますからね。

そして去年はクローザーとして活躍してくれた澤村選手には先発に戻ってきてほしいですね。
彼のように球数を多く投げて調子を整えてくタイプは抑えよりも先発のが絶対に向いてるはずですので。

ほかにはドラフト7位として入ってきたリャオ・レンレイ選手にもクローザー候補として期待してますが、彼はまだまだこれからなのでひとまず置いときます。

さいごに

まだまだたった1回の紅白戦でいいところを見せただけかもしれません。
それでもカミネロ選手の力の一端を知ることはできました。

あとは彼が順調に日本野球に馴染んでやってくれることを祈るばかりです。

ペナントで周囲の度肝を抜くような164キロのストレートを観れることを期待して待ちたいと思います。

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから気楽に連絡ください!
それではまた!

コメントを残す