2016年度、いよいよドラフト開幕。巨人は誰を指名する!?

巨人、ドラフト

みなさんどうも。ヒダカです。

いよいよプロ野球のドラフトが行われますね。
毎年、獲得された選手を見てからその選手がどういう選手なのか確認するのですが、今年は指名される前に多少確認しました。
僕が好きな球団は巨人は1位指名を田中正義選手と公表しましたね。

この記事は巨人のドラフトについての記事となります。

 

ドラフト

簡単に説明しますとドラフトとは全球団がほしい選手を一人ずつ指名して、入団交渉権を得る制度のことです。

球団の成績などから指名していく球団の順番が変わるのですが、結局指名選手が他球団と重なった場合は抽選して決めるのであまり順番には意味がない。
個人的にはメジャーと同じように完全ウェーバー方式を取り入れてほしいです。

完全ウェーバー方式は最下位の球団から準に選手を指名していくのですが、指名された瞬間その球団に決定となるというものです。
こうすることによって下位の球団にはその年の目玉として注目されている選手が必ずいくようになり戦力が強化されていくというものです。
メジャーではアマチュアNo.1と言われていたスティーブン・ジェームズ・ストラスバーグというスーパースターが最下位だったナショナルズに入ったのが良い例ですね。

 

巨人、田中正義選手を1位指名を公表

ニュース記事で流れていましたが巨人はどうやら第一指名に田中正義選手を選んだみたいですね。

去年の大学三年生の頃からすでにドラフトの目玉と騒がれていた田中選手ですが身長は186センチあり、90キロで最速156キロの大型右腕。大学で通算30登板20勝1敗、防御率0・71をマークしているようで、特に防御率と負けの数が恐ろしく少ない。

変化球はスライダー、フォーク、カーブ、カットボールを投げるみたいですね。
先発完投型のピッチャーで9回完投して9回に154キロも投げてるようなのでスタミナも文句なしです。
今年、いろいろと不運もありましたが安定してるとは言えない巨人の先発陣にとって即戦力となりそうですね。

ただこれだけの選手なので当然他球団と競合してクジの抽選となるでしょうから指名したとして、確実に取れる選手とはいえないところが難しいですね。

 

バッターこそ補強

さて、今年騒がれているバッターをまったく知らないのですがバッターこそ補強してほしい。

ピッチャーは来年になれば杉内選手や今年期待されながらもケガをしてしまった桜井選手などが出てくると思うのでそこまで心配してないのですが、代打の層の薄さや特に固定されずに終わったセカンドなどをほんとにどうかしてほしいのです!
未来の中軸を期待できるような大型のバッターや内野手を1位指名してほしいのですがこればっかりは仕方ないことですかね。

ただ去年も大量にピッチャーを指名してたと思うので今年も強化ポイントにピッチャーというのはどうなんだろと思いますけど。
センターライン(キッチャー、ショート、セカンド、センターのこと)の強化は大事だと思うので早く固定セカンドの選手が出てきてほしいです。
ショートの坂本選手のように安心して見ていられる選手を指名してほしい・・・!

 

さいごに

BIG3などと騒がれたピッチャーたちがどの球団にいくのか。そして思わぬ伏兵の指名選手が出てくるのか。
もうドラフトが楽しみでしょうがないですね!
指名された選手の中から生え抜きのスターが出てきてくれることを祈ります。

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから連絡ください!
それではまた!

 

コメントを残す