大谷翔平が二刀流受賞するための新ルールのベストナインと感じた。

ベストナイン

みなさんどうも。ヒダカです。

今回はベストナインについての記事となります。
少し批判的な書き方をしており大谷選手を取り上げて書いていますが、彼自身に問題があるわけではなく二刀流受賞されたことに疑問を感じての記事となります。

 

ベストナイン

プロ野球で2016年度のベストナインが決まりましたね!
2016年度 表彰選手 投票結果(ベストナイン)
こちらを見てもらえればそれぞれの部門別に誰がどのくらい投票されてるかわかります。

次にこちらのスポニチの記事を載せます。
【ベストナイン】日本ハム・大谷が史上初の「二刀流受賞」

ベストナインはポジションごとに、そのシーズンで最も優秀だった選手をプロ野球取材歴5年以上の担当記者らの投票で決める。今季からベストナインの投票規定が変更。昨季までは同一選手を複数ポジションに投票した場合は無効とされていたが、投手と野手の重複投票が認められた。

これはスポニチの記事に書かれている内容です。

簡単にいいますとベストナインは主に記者目線によってどの選手がどれだけ活躍したか、チームの優勝に貢献したかまたは目立っていたかで投票されていきます。
そして今年からの新ルールとして同じ選手を複数ポジションで投票してもいいよとなりました。

つまり1人の記者が同じ選手を複数のポジションで投票できるようになったということです。

これによってバラバラのポジションで投票されたことによって票が割れてベストナインに選ばれなかったということがなくなるようになりました。

 

ルール改正によるベストナイン

僕はこのルールによって一番得してるのは今回二刀流受賞となった大谷選手だと思っています。

今年から変更されたルールによって史上初の二刀流受賞。
正直にいうと話題性でそうなったのかなと思ってしまいました。

大谷ルールと一部の記事でも書かれていましたがまさにそのとおりだと思います。

大谷選手が選出された投手とDHの部門でほかにはどの選手が選ばれていたのか比較したいと思います。

 

投手部門

大谷選手以外に多く投票されているのが、ロッテの石川歩選手とソフトバンクの和田毅選手ですね。

和田選手、15勝5敗、防御率3.04で最多勝と勝率第一位投手を獲得しています。

石川選手、14勝5敗、防御率2.16で最優秀防御率を獲得しています。

大谷選手、10勝4敗、防御率1.86ですが規定投球回数に満たないため最優秀防御率とはなりませんでした。

もちろん投手はこれ以外にも成績があるため一概にこれだけを比較するものではありません。
ですが、ベストナインとなると勝ち星、勝率ともに優秀な成績を残した和田選手か、最優秀防御率で安定したピッチングをしてチームに貢献した石川選手のどちらかではないかなと思います。

この中で大谷選手が選ばれる要素としては最速165キロ、そして日本ハムが日本一になったことによる補正だと思います。
例年、優勝したチームから選手が多くベストナインに選ばれていますので。

 

DH部門

ロッテのデスパイネ選手、西武のメヒア選手を比較に出したいと思います。

デスパイネ選手、打率.280で139安打、24本塁打の92打点。

メヒア選手、打率.252で129安打、35本塁打の103打点。

大谷選手、打率.322で104安打、22本塁打の67打点。

この中でタイトルを取った選手はいませんが、メヒア選手は本塁打第2位、打点第3位と活躍しています。
ですが打率が低く確実性に欠けるのでこの中ならデスパイネ選手ですね。

大谷選手は打率.322と好成績ですが規定打席には到達していないため参考記録となります。
ただ、投手もやりながら打撃成績はキャリアハイを記録しています。
また日本シリーズでも大暴れしているので印象としては大谷選手が一番強いですね。

 

ベストナインとは

もちろんすべての選手を成績だけで決めるのは違うと思います。
勝負強くてここぞというときは必ず決める選手など成績だけではわからない貢献度もありますので。

大谷選手は日本一に大きく貢献した選手ですしいろいろと話題になったことからも選出されるだろうなとは思いました。
ただ、今年のベストナイン選出が新ルールになった途端に史上初の二刀流受賞というのはうまくできすぎじゃないかなと疑問に思ったわけです。
選ばれた大谷選手は投手、打者ともに規定投球回、規定打席には到達していませんので。

二刀流として活躍している大谷選手ですが、この二刀流で活躍しているからという理由だけで今後も2部門で選出されるようになってくるとベストナインの価値はなくなってきますね。

 

さいごに

いろいろと今回のベストナインについて批判的なことを書いてしまいましたが、もちろん大谷選手には何も問題はありません。
選出されるのは記者によってなので、本人がどうこうできるものでもないですので。

DH部門で選ばれるのはまだ納得できるのですが、投手部門で選ばれたことには疑問を感じたのでこうして記事にしました。

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから気楽にご連絡ください!
それではまた!

 

コメントを残す