中日ドラフト1位、柳裕也は相手を翻弄するピッチングが魅力。

ドラフト、柳裕也

みなさんどうも。ヒダカです。
中日と横浜の1位競合の末、柳裕也選手は中日が獲得しました。

一から出直すために良い投手を取れた。

と、森監督は評価したようですがこれにはまったくの同意見ですね。

ピッチングを見る限りすでに完成度がかなり高いピッチャーです。
来年の開幕から先発を十分に任せられるレベルです。

 

柳裕也

明治大学出身で180センチの83kgで右投げ右打ちのピッチャーです。

球速は150キロ、カーブ、スライダー、チェンジアップ、ツーシーム、カットボールを投げる。

大学通算48戦、18勝8敗で日米大学選抜に選ばれています。
田中正義選手がボールの力強さで押し込んでいくタイプなら柳選手は上手くかわしていくタイプですね。

 

ピッチングフォーム

投げ方は完全なオーバースローですね。
ややスリークォーター気味のオーバースローなどが多い中でここまで上からしっかりと振り下ろすピッチャーも最近では中々珍しい気がします。

腕の振りがよくて投げ終わりに少しうつむいて視線が切れるのが特徴的。

横浜高校時代から注目されていたというのでその当時のピッチングも見たのですが、高校時代は力いっぱい投げてるような印象で大学ではいい意味で力を抜いた楽なフォームという感じがします。

 

精密機械のコントロール

球速は150キロと速いのですが彼の注目ポイントはコントロールでしょう。

内角外角にしっかりと投げれていけますし、ボールが先行しても全然フォアボールを投げる気がしないんですよね。
2ボールからもガンガン変化球を投げてストライクを取っていくコントールは凄いとしか言いようがないですし、ボール先行でも落ち着いて変化球で決めていけるマウンド度胸も素晴らしいです。

彼のボール球もコースを狙いすぎて少し外れたようなのが多いんですよね。
ストライクからボールになるように投げる変化球がまた嫌らしくて良いピッチャーです。

 

魔球カーブ

彼の投げる一番の変化球はカーブで間違いないです。

あまりにも落差の大きいカーブはまさに魔球です。
一度ポーンと上に抜けてから急激に落ちてストライゾーンに入ってくるんですよ。

バッターからすると高いボール球だなと思ったらストライクに入ってくるわけですね。
これは非常に打ちにくい。
バッター心理でいうと一度ボールだと思ってしまうとそこから振りにいくのは難しいんですよね。
それにストライクに入ってくるからと慌てて振るも空振りになることが多い。

完全なオーバースローだからこそこのカーブの落差が大きく感じられるんですよ。
上から振り下ろして投げたボールが高く上に浮いてから落ちてくるわけですから。

ストレートのように思いっきり腕を振ってるのに遅くてゆるいカーブがくるのはバッター側には堪ったもんじゃないですよ。

日米大学の大会で彼のピッチングを見てると面白いようにカーブが決まっていくのが見れますよ。

 

相手を翻弄する投球術

ストレートは基本140キロ前後しか投げないようですが、140キロという球速だと一見遅いように感じられます。
しかし、彼の投げる140キロってもの凄く速く感じますよ。
バッターがことごとくストレートを振り遅れて空振りしてますからね。

120キロ前後のチェンジアップを2球続けて空振りを取ると、最後は110前後のカーブで見逃し三振を取ったりしてるのですが変化球の使い方が抜群に上手いですね。

バッターからすると2球も続けて遅いチェンジアップが来たので次は速いストレートだと思ったらさらに遅いカーブが来るんですよ。

いつストレートを投げるんだと思わせてからのカーブ、しかも一度上に浮いてボールからのストライクです。
そして次の打席のバッターにはカーブのゆるい軌道ができあがってる中にズバッとストレートが来ます。

ストレートを待つとカーブが打てないし、カーブを待つとストレートに振り遅れる。
このバッターを手玉に取るようなピッチングが上手いですね。

 

さいごに

柳選手は文句なしのドラフト1位ですね。
このピッチャーがプロでどれだけ成長を遂げていくのか非常に楽しみです。

今年のドラゴンズには二桁勝利を挙げたピッチャーがいないんですよ。
なので来年から投げるチャンスはかなりありますね。
むしろ個人的には即戦力だと思うのでこのままケガをしないでいけば来年1年を支える先発陣の柱になるでしょう。

田中正義、佐々木千隼、柳裕也という大学でこれほどの素晴らしいピッチャーが1度に3人も出てくるのが凄いですね。
彼等がルーキーイヤーにどれだけの成績を残すのか、早く来シーズンが待ち遠しいですね。

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから気楽にご連絡ください
それではまた!

 

コメントを残す