ドラフトが成功なのか失敗なのかは数年後に初めてわかる。

ドラフト、選手

みなさんどうも。ヒダカです。

僕はここ最近、今年度のドラフトで獲得された選手についての記事ばかりを書いています。

巨人ドラフト1位の吉川尚輝に期待したいセカンド定着への道
阪神ドラフト1位、大山悠輔は間違いなく素晴らしい強打の三塁手
ソフトバンクドラフト1位田中正義、来シーズンは死角無しの先発陣へ
中日ドラフト1位、柳裕也は相手を翻弄するピッチングが魅力

このような感じで全選手やろうとは思っていませんが今後も気になっている選手についての記事を書いていく予定です。

ひとつでも僕が書いたドラフトで獲得した選手についての評価を見てみたらわかると思うのですが基本的には良いことしか書いてません。
それはなぜなのかというとドラフトで獲得した選手の将来性に期待してるからです。

 

活躍するまでは良い選手かどうかなんてわからない

今年でいうと連日のように田中正義選手が話題になりましたね。
彼がどれほど凄い選手なのかテレビでも特集をやってました。

個人的にも彼は素晴らしい選手だと思いますしプロでも活躍できるとは思っています。
ですが実際に現時点でプロ野球で絶対に活躍できるのかというと誰にもわかりません。

連日のように騒がれてドラフトで1位指名の競合の結果入った選手でも1軍経験のないまま退団する選手だっているわけです。
その選手を獲得して成功だったねってわかるのはその選手が活躍するまではわからないってことですよ。

なので僕はほかにももっと良い選手を獲得できたんじゃないのかとか思うことはありません。
獲得した選手が将来どう活躍してくれるのかわくわくしながら数年間待つわけですね。

 

結果を前向きに見よう

僕は巨人ファンなので今年の巨人のドラフトを例に出して解説します。

今年の巨人はドラフト1位指名で田中正義選手を外し、外れ1位指名では佐々木千隼選手を外し、外れ外れ1位で吉川尚輝選手を獲得しています。
この結果だけを見ると巨人はほんとに欲しい選手を2人とも外し、3人目に欲しかった選手を獲得したのかと少しネガティブな考えが出るのではと思います。

しかし、僕はそうは思いません。

吉川選手について書いた記事でも言ってますが、外れたおかげで最高の補強ができたなと思っています。
長年のセカンド問題はこれで解決だ!
ってこのドラフトの結果にめちゃくちゃ喜んだわけですよ。

もちろん実際に彼がセカンド問題を解決する選手となるかなんてわかりませんよ。
でも、目玉のピッチャーを2人とも外した巨人は来年もだめだなと思うよりも、外れたけどそのおかげで吉川選手を獲得できたからこれでセカンド問題は解決じゃないか!
と、考えるほうが前向きで良いと思いませんか?

獲得できた選手によってどこがどう補強されるのかと考えるのもドラフトの楽しみ方ですよ。

 

なぜ記事では褒めてばかりなのか

僕の記事では基本素晴らしい補強ですねという感じでドラフトで獲得した選手のことを褒めています。

これはなぜなのかというと欠点なんてプロに入ってからでもいくらでも直せることですし、ドラフトで獲得した選手には現時点での完成度よりも将来性を期待しているからです。

獲得した選手がいかに魅力的な選手であるかを書いて、それを見た球団ファンに獲得した選手はこんなに良い選手なんだ。来年から期待できるかもと思ってもらいたいんですよね。

球団のファンを不安にばかりさせるような記事は書きたくないというわけです。
僕だって吉川選手の批判しかないような記事をもし目にしたら嫌な気分にしかならないですしその選手を獲得したことを少し不安に思ってしまいますからね。

 

さいごに

ドラフトの結果なんてタイトルにも最初の見出しでも述べたとおり数年後に初めてわかることです。
だから僕はドラフトに対しては常に前向きに受け止めています。

ドラフトで獲得した選手について不満を持つ人だっているでしょうが、その選手がプロに入ってから急激に成長して生え抜きのスターとなる可能性だってあるかもしれませんよ!

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから気楽にご連絡ください!
それではまた!

 

コメントを残す