シカゴ・カブスのワールドシリーズ優勝を108年間待ち続けたファンがいた

ベースボール

みなさんどうも。ヒダカです。

僕は先日、シカゴ・カブスがワールドシリーズ優勝したときに記事を書きました。

『シカゴ・カブスが108年ぶりの世界一に輝き、川﨑宗則はチャンピオンリング獲得!』

この記事ではタイトル通りカブスに移籍して1年目でチャンピオンリングを獲得した川﨑選手についての記事です。

今回はシカゴ・カブスのファンについて、公式サイトの記事などでまとめたものを書きました。

 

108年間待った女性ファン

ツイートもしたのですがこちらのベースボール専門メディアのFullCountさんの記事でごらんください。
カブス優勝を108年間待った女性が優勝直後に逝去「私の仕事は終わったよ」

この記事にはシカゴ・カブスのファンの女性について書かれています。

この記事は上のツイートからもいけますがこちらのリンクからもいけます。
『Northbrook Cubs fan, 108, dies after team finally wins World Series 』

ChicagoTribune(シカゴ・トリビューン)というアメリカ合衆国の中西部における主要な新聞を出しているところでありそこのウェブサイトです。
すべて英文で書かれてますがこの女性ファンについて詳しく書かれています。

上記の記事を要約すると1908年というシカゴ・カブスが優勝した年に生まれたマーベル・ボールさんという女性がいました。
父の影響で生まれながらのシカゴ・カブスのファンだったボールさんは生まれてから再びシカゴ・カブスが優勝するまで108年も待ち続けた最古参のファンです。
そして今年の2016年、108年ぶりのシカゴ・カブスの優勝を見届けたあと亡くなりました。
と書かれています。

108年という一世紀以上もカブスファンとして再び優勝するのを待ち続けたボールさん。

「私の仕事は終わったよ。ここらで失礼しようかね」

彼女はシカゴ・カブスが108年ぶりの優勝となったことがわかるとそう言い残し一週間後に息を引き取りました。

彼女の死後にシカゴ・カブスは公式ツイッターで彼女に向けてこう残したそうです。

「マーベル、安らかに眠れ。我々はついに優勝を決めた」

前回の優勝の2周間ほど前に生まれて108年後の今回の優勝の1週間ほどあとに亡くなっているようです。
まさにシカゴ・カブスのために生まれたファンだったようですね。

彼女は人生最高の日を無事に迎えることができてホッとしたのかもしれませんね。

 

さいご

最初はシカゴ・カブスが優勝したことを知ったときは川﨑選手がチャンピオンリングを受け取れるということしか頭にありませんでした。

彼女について書かれている記事を見たときはほんとに感動しましたね。
まるでドラマのようなこんなにも素晴らしい人生を過ごしたファンがいるとは思いもしませんでした。

英文サイトで彼女について書かれている記事を読むためにひとつひとつの英文を3つほどの翻訳サイトで訳して何度も確認しながら読んでいましたが、この日ほどしっかりと原文のままで読めるようになりたいと思った日はなかったですね。

これからもメジャーリーグのニュースを知るためにも英語を理解していきたいです。

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから気楽にご連絡ください!
それではまた!

 

コメントを残す