メジャーで敬遠申告制度を導入決定! 申告しないとどうなるのか?

申告制 導入

みなさんどうも。ヒダカです。

敬遠によるフォアボールを申告制にすることが決定しました。
『敬遠四球が申告制に 大リーグ機構と選手会合意、今季から実施-スポニチ・アネックス-』

今季メジャーでは2つのルール改定が提案されています。

敬遠によるフォアボールを申告制にすること。
膝下辺りのストライクゾーンを膝上辺りまで高くすること。

このうちのひとつである敬遠フォアボールを申告制にすることを選手会が認めたようですね。
今季のシーズン(2017年度)から導入される予定です。

以前、フォアボール申告制が提案されたときにこちらの記事を書きました。
『メジャーリーグでフォアボールが申告制に!? 日本プロ野球にも導入か?』

この記事では試合短縮にはならない、敬遠によるドラマが減る、ピッチャーの球数が抑えられるなどを書いています。

今回は申告制について疑問に思ったことを書いていきます。

敬遠

プロ野球でもたまに見かけると思いますがキャッチャーが立つと、ストライゾーンとは思いっきり離れたところにボールを投げさせてバッターを歩かせることがありますね。
あれが敬遠と呼ばれるものですが、敬遠するには最低でも4つのボールを投げてフォアボールにしないといけません。

それを申告制にすることで少しでも試合時間を短縮させることを狙っているようですが、そう頻繁に敬遠する場面が出てくるわけでもないので効果としては少し微妙なところですね。

敬遠することで中継ぎの肩をつくる

たまにピッチャーが敬遠でバッターを歩かせたあとに交代する場面を見たことありませんか?

あれは敬遠させたあとのバッターが右か左かの相性でピッチャーを代えてるわけですが、そのピッチャーを用意させる間を敬遠でつくってたりします。

場面にもよりますがピッチャーが急に崩れてしまうと、次の中継ぎのピッチャーの肩がまったく用意できていないことがあります。
そのために敬遠の4球を投げてる間に少しでもブルペンで投げさせて肩をつくらせようという狙いがあります。

申告制になるということはこういう間をつくることはできないということになりますね。
でもまぁこれはタイムをかけてコーチがピッチャーのところに駆け寄って話をしながら間をつくるとかできますけどね。

実際にプロ野球ではタイムをかけてやってますよね。
すべてがそうだというわけではありませんがあれはブルペンで投げさせるための時間稼ぎでもあります。

では、これが申告制なのに肩をつくらせるためにわざわざ4球投げて敬遠させた場合はどうなるのでしょうかね?
罰則になることはないでしょうが申告制にさせる場合はいま言ったようにわざとタイムをかけて時間稼ぎするなどが増えるのではないでしょうか。

そうなると結局、試合時間の短縮にはなりませんね・・・。

細かなルールはどうなるのか?

さっきも言いましたが、もともとフォアボールにする予定だったのを申告しないで4球ボールを投げた場合はどうなるのかが気になりますね。

歩かせ方にも思いっきりストライクゾーンから離れたところに投げさせるものと、相手との勝負を避けるように全部ボールゾーンに投げて歩かせるものがあります。

前者は普通に敬遠なので申告するべきものですが後者の場合も申告するべきものなのか気になります。

この辺りの細かいところは実際に導入されてやっていきながら決めていくことになりそうですね。

さいごに

野球ってすごく繊細なスポーツでもあります。
たった1球がストライクかボールかで次の流れが大きく変わることだって多々あります。

その中でルール改定というのはものすごいことです。
たかが敬遠フォアボールに申告制を導入しただけだろ思うかもしれませんが、これによって取れる作戦が変わってくるんですよね。
甘い敬遠球が来たら打つ、なんてこともなくなりますしね。

メジャー機構はいろいろと試合時間を少しでも短縮させるために考えているようなのでこれからもルール改定が起こっていくでしょうね。

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから気楽にご連絡ください!
それではまた!

コメントを残す