メジャーリーグでフォアボールが申告制に!? 日本プロ野球にも導入か?

ルール改正

みなさんどうも。ヒダカです。

まだ決まったわけではないですがメジャーリーグで2つのルールの改正が行われようとしています。

1つは敬遠によるフォアボールを申告制にすること。
もう1つは膝下辺りのストライクゾーンを膝上辺りまで高くすることです。

この2つのルール改正をメジャーリーグは選手会に提案したようです。

『敬遠、大リーグで「申告制」に? 日本も来季以降導入か-朝日新聞デジタル-』

今回の記事では敬遠によるフォアボールの申告制について書いていきます。

※追記

フォアボールの申告制が選手会に認められ、今シーズン(2017年)からメジャーで導入されるようです。

フォアボール

ボール球4つでフォアボールとなり打者は無条件で1塁へと歩くことができるわけですが、これが申告制になるかもしれないというのは驚きですね。

ソフトボールではすでに導入されているルールですが、まさか野球にも導入しようとするとは・・・。

では実際に申告制になることでどういったことがおこるのでしょうか?

ピッチャーの球数が減り時間短縮になる?

メジャーの投手はウォームアップのキャッチボールでさえ制限するぐらい厳格に球数制限をしています。
なのでわざわざ4球投げなくても敬遠できるようになれば投手の負担は減ると思ってるのでしょうかね。

正直そこを気遣うぐらいなら中4日で投げさせるのを止めて、中5日で投げさせるようにしたほうがよほど負担が減りますよね。

メジャー側としては無駄に投げなくても歩かせることで時間短縮になると考えているようですがたかが数分ですよね。
しかも、1試合に何度も敬遠の場面があるわけでもないのでそんなに短縮にもならないと思うのですが・・・。

敬遠にもドラマがある

たかが敬遠といっても4球投げるわけですからそのうちの1球でドラマが起こることもあります。

例えばツーアウト2,3塁で満塁策にしようと敬遠球を投げようとしたら大暴投して点を取られたり。
外そうとしたのにストライゾーンに甘く入ってしまって打たれてしまうことだってあります。

日本だと、新庄剛志選手がまだ阪神タイガースにいた頃に甘く来た敬遠球を打ってそれがサヨナラヒットになったことだってあります。

これが申告制になるとドラマがなくなって確実につまらなくなるでしょうね。
プロの選手が主審に宣告して打者を歩かせるところを想像するとなんだが嫌な感じです。

日本にも導入される可能性も?

メジャーリーグの多くのルールは国際試合にもそのまま当てはまることがあります。
このことからもフォアボール申告制が導入されるようになればそのルールが国際試合にも適用される可能性があります。

こうなると日本にも新ルールに対応するために導入する可能性が出てきますね。

まぁ、まだメジャーでも提案されただけで実際に導入されるか検討するのはこれからなのでまだどうなるかはわかりませんが。

プロ野球にも導入されると今度は社会人野球、学生野球へとルールが導入されていくことになるんでしょうね。

正直、甲子園などの大舞台で高校球児がフォアボールを申告してる姿などは見たくないですね。

さいごに

わざわざ投げなくても敬遠できるならそのほうが合理的だという考えの人もいるとは思います。
その考えも理解はできますが、僕としては申告制度にするのは反対ですね。

だって、フォアボールを申告するメジャーリーガーなんて見たくないですから。

これからメジャーリーグのシーズンが始まるまでの間、このルール改正案がどう転がっていくのか目が離せませんね。

※追記
敬遠によるフォアボールの申告制度は導入されることが決まりました。
申告制によって起こりそうな疑問を記事にしましたのでこちらもどうぞ。
『メジャーで敬遠申告制度を導入決定! 申告しないとどうなるのか?』

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから気楽にご連絡ください!
それではまた!

コメントを残す