初心者が野球をうまくなりたいならアドバイスだけを鵜呑みにするな。

野球

みなさんどうも。ヒダカです。

スポーツをやるからには誰だって少しでもうまいところを見せたいものですね。
しかし、始めたばかりの頃はそうもいきません。
そこでうまくなるには部活の先輩、コーチ、監督、テレビなどでプロ選手のアドバイスなどを聞いて練習しますよね。
しかし、ここに罠が潜んでいます。
これを理解してないといつまでたってもうまくなりません。

僕の経験がある野球またはソフトボールで解説していきますが、それぞれ自分のスポーツに置き換えて考えてください。

 

どの理論にも正解はない

ほぼこれで結論が出たようなものですがまさにこの通りなんです。

野球の投げ方、打ち方、捕り方、どれをとっても同じ人はいません。それぞれなんらかの癖があります。
そしてその癖はその人にあったやり方となっています。
なのでその人のやり方を聞いてまねしたところで同じようにできるわけでもありません。

大事なことはただ聞くだけではなく、多くの人からアドバイスを取り入れて自分流の型を身につけることなんです。

一人のアドバイスを聞いてずっとまねをするのはもしかすると自分に合わない癖がついて危険ですので、なるべく多くのアドバイスを聞くようにしましょう。

 

プロがやってるからすべてではない

休日、おじさんたちに混じってソフトボールをやってると、おじさんたちがよく言うことがあります。

「プロが言ってたからこうすることにしたんだ」

確かにうまい人のアドバイスを試していくことは大事です。
ただこれにはさっきも言いましたがそれはひとつの理論です。

言われたからやってるだけでは身につくわけもありません。

そしてプロだってひとりひとり違った野球理論をもってやっていますので、できれば多くの選手の理論を聞いてみましょう。

 

まずは自分で考えて試してから

チームには初心者の後輩がいるのですが、彼はとてもやる気があって真面目に練習しています。
うまくなりたいからとよく自分にもアドバイスを聞きに来るのですが、その彼にいつも残念に思うところがあります。

それはとりあえず聞いてくることなんですね。
どうすればうまくなるか聞くだけでは伸びません。

まずは自分で考えて試して、壁に当たるからこそ伸びるんです。

アドバイスを聞くのは行き詰まってからでも遅くはありません。
むしろ、そのほうが人の話をよく聞けるでしょう。

 

ただ練習をするな

僕はうまくなりたい部分を練習前に何個も改善点を考えてきます。
例えばボールを投げるときに、もう少し指先に引っかかるように投げるにはどこを変えていけばいいのかなどを考えてからキャッチボールをします。

練習をやる前に試したいことを考えてからやることで、無駄なく練習ができますし自分に合ったやり方も見つけやすいんですよね。

そして練習で試すために多くの人のアドバイスを聞く必要があるんです。

どれもうまくいかないまま終わったらまた次の練習までに改善点を考えていきます。
そうすることで自然とうまくなります。

 

好きこそモノの上手なれ

考えずにうまくなる人はいません。
また、人のアドバイスだけでうまくなる人もいません。

自分で考えて試して、人のアドバイスを聞いて試して初めて自分のモノとなります。
そうなるには大変ですが決してできないことではありません。

自分で考えるのが嫌、もしくは人の話なんて聞いてられないというのならそのスポーツはあなたに合ってないのでしょう。
いますぐ他のスポーツをやることをオススメします。

ほんとに好きなスポーツでしたらなんとしてもうまくなるために努力をしようとするはずです。
僕だっていまだに色々なアドバイスを取り入れてやっています。
それは試合で活躍する自分自身が見たいからなんです!

 

さいごに

始めたばかりのころは失敗を恐れがちですが、むしろ積極的に失敗していきましょう。
そうすることでこうなりたいという自分の理想が見えてきます。
あとはそれに向かって練習してうまくなればいいのですから。

アドバイスだけを頼りにやるのではなく、自分からも動いていかないとうまくなりません。

誰もが最初からうまくできると思ってませんよ。
安心してまずはひとつひとつ試していきましょう!

それではまた!

 

コメントを残す