打席で構える前のルーティンを必ず作ろう!

野球、打席、ルーティン

みなさんどうも。ヒダカです。

野球で打席に入るときただバッターボックスに入ってバットを構えてませんか?
バットを構えるまでのルーティンをしっかり作ることで今よりも落ち着いて打てるようになるかもしれませんよ。

 

ルーティン

ルーティンって簡単にいえば必ずやる決まりごと。みたいな感じです。

プロのどのバッターでも打席入ったらすぐ構える。なんてことはなくて必ず何かしらの動作をしてからバットを構えますよね?
イチロー選手でいえば左打席に入ってバットを持った右手をぐるっと回してピッチャーに対してバットを向けたあと、ユニフォームの袖をくいっとしますよね。

何気なくやっているように見えるかもしれませんがこれって物凄く大事なことなんです。
一球一球ごとにやるルーティンを必ず作りましょう。

 

ルーティンの必要性

自分の精神を一定に保つためにもやる意味があります。
ピッチャーとバッターってただ勝負するかだけでなく、一球ごとに配球の読みあいをしていきます。
その中でバッターは毎回心を揺さぶられているようでは打つことなんてできません。

頭を切り替えて一球一球しっかりと見極めて勝負をする。
自分の間合いをしっかり作るためにルーティンって必要になってくるんです。

 

毎回同じルーティンをやる意味

その日の気分でバッターボックスへの入り方を変える人もいるかもしれませんが、僕としてはなるべくずっと同じ入り方を続けてほしいんですよね。
もちろん、この入り方ではだめだ。とか、この入り方に変えようなどしっかり考えているのなら別ですけど。

自分でかっこいいと思う型を作ったなら毎回それをやるごとに自分の気分が高揚するようになります。
自分の心を落ち着けるように形作ったなら毎回それをするごとで平常心を持ってバッターボックスに入れます。

このように打席に入る前のルーティンは人それぞれですが、ただやるのではなくやる意味もそこに肉付けすることで自分のパフォーマンスを上げていくのです。
やることで自分はこうなるという意識付けが大事なんです。

 

動じない自分を作る

僕はいつも自分を落ち着かせるためにルーティンを組んでいます。

情けない空振りをしても、絶好球を見逃しても後悔するのはその一球の一瞬のみにします。
そしてまた同じルーティンをして、頭の中をリセットさせてバットを構えます。

こうすることによってネガティブな思考を落ち着かせて次の一球に望めるようにしています。
冷静になることで自分の力を最大限に発揮できると僕は思っていますからね。

もちろん、人によっては一球ごとに闘志を前面に出していくことも有りです。
どういう風に打席に望むのが自分に合ってるのかをしっかり考えましょう。

 

さいごに

最初は意識して取り組むことになると思うので中々思い通りにはならないかと思います。
しかし、それをずっと続けて無意識レベルまで落とし込むことができるようになれば、そのルーティンをやるたびに自分の心構えもできあがるようになります。

バッターボックスに入ってただ構えてるだけだなと思った方はぜひ一度は試してみてください。
それだけで劇的な変化がバッティングに起きるかもしれませんよ。

それではまた!

 

コメントを残す