キャッチボールが野球で一番大切な練習だと知ってほしい!

野球、ボール

みなさんどうも。ヒダカです。

僕は大学時代は暇があれば母校の小学校、中学校を訪ねて野球を教えてました。
教えているときによく感じたのはみんなキャッチボールにまったく力が入ってないことなんですよね。
もったいないです!

 

キャッチボールで経験者かどうかわかる

普段何気なくやっているキャッチボール。
でもこの何気なく投げるだけでも経験者かどうかというのははっきりとわかります。
キャッチボールがしっかりできるだけで、経験者はやっぱり投げ方から違うなってなるんですよ!

かっこいいフォームでビシっと投げれば、自分の気分も周りの見る目も違いますよ!

 

キャッチボールってすべての基礎

キャッチボールって野球やるうえでは欠かせない練習です。
飛んでくるボールを捕るのにも、捕ったボールを投げるのにもキャッチボールで覚えたことをやるんですよ。
ピッチャーだってそうです。ピッチャーの練習である投球練習だって言ってしまえばキャッチボールの延長線上なんですよね。
キャッチボールがまともにできない人にピッチャーはできないと言ってもいいでしょう。

守備だってそうですね。
たとえば内野なら打たれて飛んでくるボールを捕って、ファーストなどに投げるわけです。
この捕って投げるという動作もキャッチボールをしっかりやっていないと上手くできませんよ。

投げて捕って、捕って投げての単純な繰り返しかもしれませんがすごく大事な練習なんですよ。

 

しっかりと掴む

キャッチボールでもそうですが守備練習でも簡単なボールをぽろぽろ落とす人を見かけます。
これは単純に下手というわけではなく捕るという意識が低いからなんですね。
キャッチボールで相手が投げたボールをどこでどう捕るのか意識せずにただボールが来たからグローブに捕ってるだけの人に多く見られます。

まずは自分のグローブのポケット、安定してしっかりと掴めるところですね。この部分ですべてのボールを捕るように練習していきましょう。
特に気を付けるのは捕りやすいからとグローブのウェブのところのみで捕らないところ。
ウェブの部分は手も痛くならないし捕りやすいかもしれませんが、強いライナーが来たときはウェブ部分では捕れずにボールをはじく可能性が出てきます。

意識しなくても常にグローブのポケットでボールを捕れるぐらいになるまでやりましょう。

 

しっかりと投げる

捕ることも大事ですが投げることも大事です。
相手が捕りやすいように投げるのも大事な練習なんです。
守備では必ずどこかに投げる機会が来ます。そのときに適当に投げているようではアウトにできるものもできなくなりますよ。

まずは相手の腰から顔の高さに強くしっかりと投げていくようになるまでひたすら塁間あたりで練習しましょう。
遠投で肩を作るのも大事ですが、ノーコンでは強い肩を活かすことすらできませんからね。

捕って終わりではありません。投げて終わりでもありません。
相手が次のプレーをしやすいように捕りやすい場所に投げる。
これが一番大事です。ビュンビュン速いボール投げればいいってもんじゃないのです。

 

遠投って必要ない?

遠投も大事です。
ですがこれもただ遠投しているようでは意味がないですよ。
距離が遠いから届かせようと山なりのボールを投げているようでは試合では活かせません。

外野でイチロー選手のようなレーザービームに憧れているのなら、まずは自分がしっかり投げて届く距離からやっていきましょう。
しっかり投げて届く距離を徐々に長くしていけばその頃には自然と肩も強くなっていますし、レーザービームだって投げれるようになってきているはずですよ。

山なりで届く距離が長くなっても試合では一切使えないですからね。
山なりで投げられると方向がずれたときに宙に浮いてるから捕って軌道修正とかができないんですよ。
低いボールならずれても間にほかの選手が入ってボールをカットして軌道修正ができるんですね。

 

実はバッティングにだって活かせる

これは以外に思うかもしれませんが、キャッチボールってバッティングに活かせる部分が多くあるんですよ。

強いボールを投げるには簡単にいうと足、腰、肩、腕の順にしっかりと力を伝えて投げる必要があります。
バッティングも足、腰、肩、腕というように下半身から上半身に向けて力を伝えていくんですね。
ボールを投げるかバットを振るかの違いはありますがこれだけ共通点があるんですよ。

バッティングの練習ばかりしてボールを遠くに打ちたいのもわかりますが、キャッチボールなどの基礎もしっかりやることで結果的には遠くにボールを飛ばすための基礎もできあがっていくんですよ。

 

さいごに

少なからず経験をしていくと自分なりの野球理論というものができてくると思います。
その中で僕の理論はまったく違うと思うならそれでいいんです。

人それぞれの理論があります、いろいろと試して自分に合うと思ったものはどんどん取り入れてもらえればいいかと思うんですね。
僕はこういう意識をもってキャッチボールをやってるし、キャッチボールってとても大事な基礎だよってことを伝えたかっただけです。

キャッチボールが上手い人ってかっこいいと僕は本気で思ってますよ!

それではまた!

 

コメントを残す