野球初心者にはファーストは難しいのでおすすめしないよ。

ファースト

みなさんどうも。ヒダカです。
野球でファースト(一塁手)の守備って聞くと、守備が下手な人か初心者がやるポジションっていうイメージの人が多いと思います。
しかし、中学、高校、大学とファーストを守ってきた僕は言いたい。

守備が下手だから、初心者だからとファーストをやることは間違いなのです。 

 

ファーストは守備機会が多い

ファースト以外の内野にゴロが飛んできた場合そのゴロを捕ったあとどうしますか?
ランナー(走者)がいなければ基本はファーストに投げます。
つまり、内野にゴロが来たらそのあとにファーストに送球されるので、そのたびに捕るという守備機会がファーストにはあるということです。

このときファーストが下手な人だったらどうなるでしょうか。
エラーする確率が高いでしょう。多くの守備機会があるということはそれだけエラーする可能性も増えるということです。
来たボールを捕るだけでいいという考えならファーストをやるというのはオススメしません。

 

ファーストの責任の重さ

すべてのボールが胸元辺りの捕りやすいところに来てくれればいいのですが、現実的には捕りにくいところに来ることが多いです。

そのボールが例えばあなたがジャンプしても届かない高さのボールならあなたのせいにはなりません。
けど、それが微妙なところでバウンドして非常に捕りにくいボールだった場合、それをエラーしたらあなたの責任になります。

むしろ、ファーストならそれぐらい捕れ! ぐらい怒られるでしょう。
僕は高校時代これで散々怒られてます。

多少の悪送球なら絶対に捕らなくてはいけないのがファーストなのです。
どんなに余裕のタイミングのアウトでもファーストが捕れなかったらアウトにはカウントされないのです。
ほかの内野が飛び込んで難しいボールを捕ってファインプレーをしたとしても、そのあとにファーストが捕れなかったら無駄なプレーになります。

ただ捕るというだけの行為なのに責任はものすごく重いんですよ。
初心者がやるのに難しいと思うのはこの理由からなのです。

 

バッティングが上手いだけでは難しい

ファーストってプロ野球で見た場合、守備よりもバッティングがすごい人が基本守っているように思いますよね。

確かにファーストってバッティングの方ばかり注目されがちです。
だからといって守備があまりにも下手なのは話になりません。

ヒット一本打ったとして、そのあとに1個エラーをしたらヒットは帳消しになります。
むしろ、部活の野球ならマイナス評価ですね。

ファーストにだってある程度の守備は求められるんです。

 

初心者でファーストをやる人へ

ファーストミット

このグローブは僕のファーストミットです。

ファーストミットって普通のグローブより大きいので適当にやっても捕れてしまうのですが、それだといざというときにしっかり捕れないことがあります。
ここではほかの内野との連携などの難しい話は出しませんでしたが、ほかのランナーがいた場合ファーストも捕って終わりではありません。

捕ったあとに次のプレーが求められることがあります。
このときのプレーをスムーズにできるようにするためにも、グローブのポケットでしっかりと捕る癖をつけてほしいのです。

まずはキャッチボールからしっかりとボールを見て捕るということからやっていきましょう。

 

さいごに

初心者って慣れるまではボールが向かってくるだけで怖いときがあるんですよね。
その中で絶対に送球を捕らなくてはいけないファーストって緊張感もあって大変なので初心者の方にはおすすめしないとしました。
僕自身、中学時代に下手だからとファーストにされてずっと苦労してきた人間ですから。

どこの守備なら簡単なのかというと正直どこが簡単とは言えないんですけどね・・・。
ファーストをやるならすべての送球を捕る。捕れなかったら自分の責任になる。
やるならこれぐらいの覚悟をもってやってほしいのです。部活でやるならなおさらです。

けど、草野球のレベルにもよりますが休日にやってるぐらいならそこまで求められないですけどね。
さすがにポロポロ落とされると困りますけど。

それではまた!

 

コメントを残す