野球だってなんだってプロになることがすべてではないと思った話。

生涯一選手

みなさんどうも。ヒダカです。

プロを目指してスポーツに打ち込むことって素晴らしいと思います。
でも、すべての人がプロになれるわけではありません。
その中で僕はある日思うようになりました。プロになるだけがすべてじゃないなと。

 

プロを目指す

子供の頃ってよく好きなスポーツのプロ選手に憧れませんでしたか?
そしてその人のようになりたいと思ったことがあるはず。

学生になって部活を選ぶようになると好きなスポーツに入って自分もいつかプロの世界に入るんだと思いませんでしたか?
僕はそうでした。
僕はその当時メジャーリーグで活躍していた野茂英雄選手のトルネード投法にものすごく憧れていて、僕も野茂選手みたいにプロ野球選手になりたいと思うようになりましたね。

 

現実を知って諦める

憧れて目指すのは誰でもできますが、実際にプロの世界に入るとなると生半可な練習では無理です。
そして僕は死に物狂いで練習することはどうしてもできませんでした。

高校生になってそれなりの強豪校で野球をやるようになると当然のように野球が上手い人が多く入ってきます。
その中でそれなりにしか頑張ってこなかった僕は当然のように挫折をしましたね。
練習を必死にやってもいないのに野球が上手い人を見ては才能があるやつって羨ましいよなって思うようになってて完全に腐ってましたね。

 

不完全燃焼のまま学生野球が終わる

当たり前ですが競争の世界になると下手な選手は試合には出れません。
三年間ベンチに入ることなく僕は応援席からずっと眺めて高校球児の幕を閉じました。

その後も大学に行って野球を続けていたのですが、大学野球はほんとに不甲斐ない結果で不完全燃焼で終わっってしまいました。
というのも、後輩があまりにも嫌なやつだったので4年生の途中から引退するという不本意な形で終わってしまいました。(対外的には4年生の最後まで在籍して引退ですが)
そんな情けないことで野球をやめてしまった僕はしばらくの間くすぶり続けます。

自分の好きな野球をまともにできずに学生野球は終わりましたね。

 

ソフトボールに出会う

たまたま近所のおじさんに誘われたのがソフトボールをやるきっかけでした。

初めてやったソフトボールは難しくてでもほんとに楽しかったです。
しかも部活時代はそんなに認められてこなかった僕でも、ソフトボールをやってるおじさんたちは僕を認めてくれるんですよね。

そしてソフトボールで活躍するようになって初めて、僕はいままでずっとやってきた野球の経験が無駄ではなかったのだとわかりましたね。
そこからはずっとのめり込むようにソフトボールをやるようになって自分に生きる活力が沸いたのを実感しました。

 

プロだけがすべてでははないなと思った

活躍できるようになって、相手チームからも警戒されるようになって、スポーツのほんとの楽しさを実感するようになってわかったことがあります。

プロだけがゴールではないって。

こうして周りに注目されて楽しんでやれている自分がいる。これで十分じゃないかと思いましたよ。
もちろんプロと比べると立っているステージは雲泥の差ですけどね。
でも僕にとっては最高の居場所です。

 

生涯一選手

これは僕個人で勝手にかかげている座右の銘です。
実際は元プロ野球選手の名捕手野村克也さんが言った「生涯一捕手」をもじって生涯一選手としました。

生涯、一選手。

ずっとただ1人の選手として野球やソフトボールをやっていこうという意味です。
最後まで選手としてプレーができたら本望だよね!

 

さいごに

プロになるのを諦めてそのままスポーツ自体を辞めてしまう人がいますが僕はそれをとてももったいないと思います。
いままでずっと経験してきたものが実を結んで、休日の草野球やソフトボールという小さいステージですがそこで頑張っている僕は言いたいです!

プロだけがすべてじゃないぞって。

それではまた!

 

コメントを残す