バッターはとにかく難しく考えずにシンプルにバットを振っていこう

バッティング

みなさんどうも。ヒダカです。

野球をやってるとバッティングで悩むことって多いと思います。
悩んで考えて練習していくことは大事ですが、ごちゃごちゃ考えすぎるあまりバットの出が重くなってる人もいます。
もっとシンプルに考えてバットを振りましょう。

結果は二の次です。まずは振らないことには始まりません。

バットを振る

ここでのバットを振るというのは素振りをするということではなく、打席に立ったらとにかく振れということです。

バッターとして打席に立つと選択を迫られます。
それは投げられたボールに対してバットを振るのか見送るのか。
これを見逃せば次に甘い球が来るかもしれない。
この球はボールかもしれない。

多くの考えが浮かぶでしょうが僕が言いたいことはひとつ。
結果を気にせずにバットを振る勇気を持ってほしい。

シンプル・イズ・ベスト

ランナーがいるから進塁打を打たなくては、せめて犠牲フライを打たなくてはとか考えなくていいです。
そういうことを意識して打つのは多くの打席に立って自分に余裕が出てきてからで十分。
難しく考えすぎるとバットの出が悪くなります。
来た球がストライクなら空振りでもいいからバットを振ればいいんです。

確かに場面に合わせたバッティングは大事ですが、それを考えすぎるあまり自分のバッティングを崩してしまうようでは意味がないです。
バッターは何よりもバットを振ることが大事なんですから。
まずは、チームのためとか考えずただ振ることだけを意識しましょう。

初球を振る勇気

例え甘い球だとしてもそれが初球だった場合見逃してしまう人が多いのではないでしょうか?
確かに初球から手を出してアウトになってしまったらもったいないと思ってしまうかもしれませんが、次も甘いコースに来る保証なんてありません。
ストライクゾーンぎりぎりにしか来ないことだってあります。

初球だろうと打てると思ったなら打ちましょう。
その結果、アウトならそれはそれとして切り替えていきましょう。
振らないことには何も結果は出ません。

ボール先行でも振る勇気

ボール、ストライクが3-0、3-1、3-2というカウントのときはフォアボールの可能性がありますね。
この場面では下手に打ってアウトになるよりはボールを選んでとにかく出塁したいと思ってしまうものです。
しかし、この考えは良くない。
本来ならこのカウントはバッターが有利なのです。
なのに消極的になってしまっては、たとえ甘い球が来たところでバットを振ることなんてできません!

次に来る球が打てるなら打つ。
これぐらいシンプルに考えて打席に立ちましょう。

さいごに

僕は野球経験者ということもあって週末に草野球やソフトボールをやっているとよくバッティングについてのアドバイスを聞かれます。
そこで、聞いてきた人にどう考えて打席に立ってるのかを聞いてみると僕以上に考えてる人もいるんですよね。
ただ、じっくり聞いてみるとそこまで考える必要のないことまで考えてる人って多いですよ。

悩んで考えることって大事なんですけど、打てなかったらまた次の打てない要因を考えて・・・ってごちゃごちゃ考えすぎ。
バッティングに悩んで壁にぶち当たったなと思ったら一旦そこでシンプルにバットを振っていくことだけを心がけてみましょう。
案外そんな気持ちで振ってる方がいい具合に気が抜けて打てたりするものです。

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから連絡ください!
それではまた!

コメントを残す