野球の試合に出れないのは上手い下手ではなくアピール不足かもね

試合に出れない 控え

みなさんどうも。ヒダカです。

今回は学生野球などで試合に出るためにアピールが大事だという話をしていこうと思います。

ただ、これは僕が実際に学生野球をやっていた時代に感じたことなので、いまの時代には合ってない可能性もありますので参考程度でも気にしてもらえればと思います。

アピール

ずば抜けて野球が上手いとかでない限りなかなか試合に出るのは難しいものですよね。

練習のときからそれなりの結果を出して、試合に出たときは結果を残し続けていかなければ中々レギュラーには定着しません。

ただ、試合に出てる選手の中には自分よりも下手な選手が出ているなと思うときがありませんか?

それは単純に監督がチャンスを与えてるだけかもしれませんが、もしかすると監督に使いたいと思わせるだけのアピールをしてたのかもしれませんよ。

なぜアピールが必要なのか?

学生野球の難しいところは単純に上手ければ試合に出れるわけではないところにあります。

まずは監督やコーチに気付いてもらうところからになります。
野球だけを黙々とやってればいつか気付いてもらえるなんて思っててはダメですよ。

そのためにアピールが必要になってくるわけです。

ひたすら声を出し続けた選手

僕がいた高校は部員数が約100人はいました。
その中でAチーム、Bチームに分かれて練習するというスタイルでした。

Aチームというのが1軍で、Bチームが2軍ですね。
Aチームは監督とコーチが1人いて、Bチームはコーチが1人いるというスタッフ3人体制で練習をやっていく感じでした。

Bチームにいる場合まずはBチームのコーチに認められて試合に出て、そこから結果を残してAチームに出ていくという手順が必要になるのですが、その課程をすっ飛ばした選手がいました。

それはひたすら声を張り上げていた選手でした。
練習が始まって終わるころにはいつもガラガラ声になるぐらいに声を出すようなやつでした。

そいつはたまたま監督がBチームに視察に来たときも同じように声を出し続けて、それを面白いと思った監督がAチームで3塁コーチャー(ランナーコーチ)として使うようになったのです。

そこから彼は必ずAチームの試合で3塁コーチャーとして叫ぶようになり、最後の夏の大会でもそれだけのために背番号をもらってベンチ入りを果たしました。

正直にいうと、その彼は野球自体は補欠だった選手たちとあまり変わりませんし公式試合に出ることは1度もなかったです。
ただ、声を出し続けるというだけでベンチ入り20人という狭き門の中に入ったのです

適当に声を出してるだけでは監督の目に止まることは絶対になかったと思います。
また、監督がいるときだけ声を出してるような選手でもダメだったでしょうね。

普段からずっと声を出し続けてアピールしたからこそ届いたのでしょう。

顔や態度に出さない

ずっと走らされてたりすると当然疲れてきますよね。
そのときの顔は思いっきり辛そうな顔になってませんか?

正直に言いますと私疲れてますよアピールなんてしたってしょうがないです。

辛い顔するぐらいなら辛くない顔を意識してするようにしましょう。

「辛い辛いアピールしてるやつなんて使いたくねえよ」
Bチームのコーチがよく言ってたことですが、これはいまでもずっと覚えてますね。

コーチだって選手が疲れてるってのはわかってるんです。
それでも顔に出さずに最後までやりきる姿勢を見てます。

こんだけの練習でいいのか?
もっときついの来いよ。と思うぐらいの負けん気があるといいですね。

根性なんて古臭いと思うかもしれませんが、やはり闘志を全面に押し出す選手を好きな人が多いですからね。

もちろん、練習の中にはやりたくないことだってあります。
ただ、それをやりたくありませんという態度を出す選手を使いたいと思う人は絶対にいないですよ。

率先して練習に打ち込むことでアピールしていきましょう。

手を抜かない

全力でプレーする。
当たり前なことですがこれが意外にできなかったりします。

ピッチャー正面にボテボテのゴロを打ってしまったとき全力で1塁まで走ってますか?
簡単なポップフライを打ってしまったとき全力で1塁まで走ってますか?

もし走ってないというのなら問題外ですよ。
相手がエラーをするという考えがないということですからね。

相手がエラーをしたときに、本気で走ってれば2塁や3塁まで行けるかもしれません。
本気で走らなかったことでせっかく相手がエラーしたのに結局1塁でアウトになってしまうことだってあります。

そういうプレーをしたときはうちの監督はその場で交代させてずっと外を走らせるなどの罰がありましたね・・・。

エラーなんてしないかもしれない。けど、もしかするとエラーするかもしれない。
最後まで手を抜かずにプレーすることです。

そういうことの積み重ねがアピールしていくのに大事なことです。

さいごに

今回、ここに書いたことって全部がやろうと思えば誰でもできることなんですよね。
技術がないとできないことなんて書いてません。

アピールだけで試合に出れるようになるわけではないですが、アピールしない選手が試合に出れるとも思いません。

大事なことは最後まで手を抜かずに本気でプレーすることです。
どこを誰がどう見てるかわかりませんからね。

たまたま手を抜いたところを監督に見られてしまったなんてことがないように気を付けていきましょう!

『高校球児が試合に出るには努力や才能だけではどうにもならないときがある』
ここまでアピールが大事だと書いといてなんなんですが、自分の力だけではどうにもならないときがあります。
コーチに嫌われてしまったばかりに残念なことになってしまった僕の、高校球児時代のことを書きましたのでぜひこちらも一読をどうぞ。

何かあればコメント、問い合わせ、Twitterなどから連絡ください!
それではまた!

4 Comments

匿名ですみません

>ピッチャー正面にボテボテのゴロを打ってしまったとき全力で1塁まで走ってますか?
>簡単なポップフライを打ってしまったとき全力で1塁まで走ってますか?

ははは、それは「打てる人」という、才能ある人の話ですよ
そこまで行けない人には、全力で走る機会そのものがないのです

自分は中学の3年を、全力で走る姿を監督の前で見せる機会なしで終えました
そもそもそういう場に立つことができませんでした

才能ある人はほんとうらやましいです

返信する
吉野ヒダカ

自分も中学時代はまったく打てず、部員が少ないからなんとかレギュラーだったような存在です。
それでも甲子園に憧れて少し強い高校に行って、必死に練習してそれなりに試合に出れるようになりました。

自分もよく才能がある人を妬んでたのでわかりますが、それだけではダメなんですよね。
どのスポーツも才能といった部分が必要かもしれませんが、それだけでなく練習という努力が絶対に必要なはずです。

返信する
匿名ですみません

監督もコーチも素人じゃないんだから、声を出す「だけ」で選ぶなんてことはしないんじゃない?
そいつに使える要素があったからこそ選んだんだろ
「適確な」声を出せる、というのも才能だから、それがあったからだろ

ただ声を出してるだけのヘタクソが選ばれることはないよ

返信する
吉野ヒダカ

本文ではうまく言えてない部分もあるのですが、その三塁コーチャーになった人は声を良く出してるからAチームの三塁コーチャーをやってみろと監督直々に言われ、やってみたところ声がよく通るし指示も悪くないという結果を出してそのまま専属三塁コーチャーとなりました。
確かにあなたの言うとおり三塁コーチャーとしての才能があったのかもしれませんが、常に声を出してたからこそ監督に見つけてもらえたと自分は思っています。

返信する

コメントを残す